>

自販機ビジネスの副業としての魅力や注意点について

本業が思わしくない場合は違う方向で利益を追求してみる

店舗前に自販機を置くことで集客につながる

よく、飲食店などの近くに自動販売機が設置されている光景を見かけるかと思いますが、それはただ置いてあるだけではなく、しっかりとした狙いがあるのです。
例えばお腹が空いていて、ちょっとどこかに入ろう、と思っても、迷いなく入れるという方は意外と少ないものです。
麺類が食べたかったとして、ラーメン屋が何件も並んでいるところだったら、どこに入れば良いのか迷うという方も多いのではないでしょうか。
そんな時、店舗前の自販機があれば、飲み物を買いに来たついでに何気なく店内を見ることが出来るので、自販機があるお店には近づきやすいのです。そしてそういうところに置いてある自販機には、店内の様子が分かるリーフレットやメニュー表が差してあるので、それで入店をしようと考える方も多いというわけです。

土地を持っていれば複数箇所に設置可能

自販機ビジネスは、小さい土地で利益を上げることが出来るので、アパートやマンションだけではなく、駐車場などの狭い土地でもビジネスとして成り立ちます。
よく、アパートを経営されている方で駐車場も経営されている方がいらっしゃいますが、むしろアパートの家賃収入よりも駐車場のほうが収入になることが多いということはよくある話です。
もし、駐車場を複数経営されている方であれば、その場所の片隅に自動販売機を設置することでさらに副収入を得られます。一つ一つはそれほどの収入にはならなくても、土地を持っているのであれば、自販機ビジネスはリスクの少ない収入源としてかなり役に立つのではないでしょうか。
フルオペレーションであれば、ほぼ放ったらかしで済むので、やってみて損はないと思います。


この記事をシェアする